毎日寒いから

今年は寒い。本当に毎日寒いから、日中は日が当たる場所にKatieのベッドを移動してあげると
そこでひたすら寝ています。

犬は眠りが浅いのか、ちょっとした物音ですぐに起きるけど、たまーにイビキをかいて寝ているのを見ると
熟睡できているみたいで、嬉しくなってしまう。

イイネ。

新しいiMac(High Sierra)でAVCHDが読み込めなくなった→コーデック削除したら動いたの覚え書き


2018年になって最初の大きなお買い物、iMac 27inch 5K。
さぞかし動画の編集もサクサクできるだろうと期待して、早速iMovieで動画を取り込もうとしたら全く読み込めない!
試しにFinal cut proの最新バージョンで試しても全く同じ。
ということは、移行アシスタントで移行したアプリに問題があるのか、それともライブラリがおかしくなってしまったのか、外付けHDのアクセス権限の問題なのか。
iMovieのライブラリを新しくしてみてもダメ。外付けのHDDではなく、内蔵で試してもだめ。

かなり久しぶりに色々と調べ、一応iMovieも一度削除してインストールし直している最中に、気になる記事を見つけた。
かなり昔にインストールしたままにしていたperianを削除すると動くようになると。

早速試したけど、やっぱり読み込まず。
その後、しばらく旧マシン(Sierra)で取り込んで、データを抜いて編集していたけど、旧マシンも手放すので、真剣に調べてみました。
1つは別のアプリを使って、AVCHDをとりこみ、mp4かmovデータに変換してからiMovieかFinal Cut Proで改めて編集。
でも、面倒くさいのでやっぱり直接取り込めるようにしたい。

で、もうひとつ、ダメ元でやってみたのが、移行アシスタントでそのまま引き継がれていたビデオコーデックを一度外してみること。

/Library/Audio/Plug-Ins/Components あるいは隠しフォルダ(Finder で Option キーを押したまま「移動」>「ライブラリ」)の方の ~/Library/Audio/Plug-Ins/Components の中に入っていた、A52Codec.componentをひとまずデスクトップにコピーして、フォルダの中からは削除。
その後、iMovieでAVCHDファイルを参照したところ、あっさり読み込んだ。
High Sierraのバグだと思いこんでいたけど、古いコーデックが邪魔していただけなのでした。
ただ、Sierraでは動いていたので盲点でした。

同じ現象がある場合、apple以外のコーデックを削除したらいけるかもしれません(^^)

Katie 3才になりました

2014年の12月にうちに来てから、あっという間に3才を迎えました。
来たばかりの時は、トイレもできず、ハウスにも入れず、お散歩もすごく引っ張って命がけ・・。
どうなることか?と思っていましたが、毎週末に代々木のドッグランでお友達と遊び、
海・川・雪山で遊び、たまーにトレーナーの先生にコツを教わりつつ、
気づけばそれなりに意思の疎通ができるまでになっていました。

大きいけど、本当にかわいい黒犬。

絶対に噛まないことを覚えてくれて、口に手を入れても、何か食べていても、ひっぱりっこしていても
大丈夫な優しい子になってくれました。

人も、犬も大好きで、番犬には向いていないけど、、

できるだけ長く長く、一緒にいられるといいね。

バースデープレゼントにはベッドをプレゼント。